BLOG

慶伊 道彦

慶伊 道彦

”FAIRFAX” 代表取締役

1976年、青山にてネクタイブランド"FAIRFAX"を創業。
東京発"ボールドトラディショナル"を切り口にし、現在では、ドレスシャツも手がける。フェアファクスという社名は、当時ワシントンにあった、フェアファクスホテルからインスパイア、小さくても知性、品格、歴史の感じられるブランドを目指す。

NY New Restraunt

Written by 慶伊 道彦April 24,2017

毎度、NYに行くたびにフラフラとNEWレストラン周り、
仕事の役に立っていると考えてのことだが、単にアルコール好きなだけかも?

CHUMLEY'S  /  86 Bedford St.
1920年代~30年代前半は、アメリカ禁酒法時代。
Leland Chumley が、ウエストヴィレッジの地下に潜り酒場としてオープンした
"CHUMLEY'S" は、ヘミングウェイ、ジョン・スタインベック、アラン・ギンズバーグ、
そしてF・スコットとゼルダ、などなど知識人たちで連夜盛り上がったとのこと。
その際の作家の肖像画や古い絵、写真などなどが今日になり地下の物置から見つかる。
それらを持ち出し、できるだけ当時のままの状態に仕上げて、お店の壁をおおいました。
ですから、お店は、裏口からはいれる通路もあり、BARのスツールに当時の面影が
残されています。ウエストヴィレッジは、ボヘミアン、そしてビートジェネレーション,
その後、フォークの若者へとバトンを渡されニューヨーク派の歴史が刻まれています。

chumleys-nyc-04mnmt4.jpg

CHUMLEYS1-master1050-01mnmt.jpg

chuemleys-01.jpg

Chumley-e1473090322465mnmt-03.jpg

mnmt170408-01.jpg


EMPOLOYEES ONLY  /  510 Hudson St.
近くにあるこの店も、当時は、潜り酒場!禁酒法時代のBARとスツール、
その中で、粋なバーテンダーが腕をふるう。スタンダードカクテルではなく、
オリジナルなカクテル中心のメニュー。この界隈らしいBARレストランです。

602f0b6355370033cd8da4d49387afaamnmt1.jpg

13880fdf066a45b7ed9097297c0abb25mnmt6.jpg

反対側からみるバーカウンター
bar-4_0mnmt5.jpg

The Beekman  THOMPSON HOTEL
ローワーマンハッタン(ニューダウンタウン)ウォールストリートに近いが、
建国当時は、このあたりがニューヨークの入り口でありかつ中心。
1881~83、5 BEEKMAN St. に、iconic Temple Court が建立され
今回、ホテルは当時の建物をリモデルしている。
界隈は、NYへの入口!当時は文化の中心でありシェクスピアハムレットの舞台も。
Edger Allan Poeのコレクションや多くのART COLLECTIONもホテルのウリです。
勿論、宿泊したわけではありませんが、僕にはちょっと荷が重いホテルです。
やはり、ちょいとぶらり、一杯飲みに行くにはなんとかなりそうなホテルですかね。

96ae8d4b_zmnmt5.jpg

mnmt170408-08.jpg


最上階のフロア、簡単に入れたのに驚き!セキュリティに問題あり
しかし、凝りに凝った内装です、宿泊客はねれるのかな?心配
mnmt170408-09.jpg

この様に、吹き抜けになり、アパートメントのよう。
真上から下を見下ろす感じ、真下はラウンジスペース
mnmt170408-010.jpg

真下の一階ラウンジは、そのようになっています
Screen-Shot-2016-05-11-at-3_20_26-PMmnmt1.jpg

Le Cou Cou  /  11 HOWRDS 
ノリータエリアより下に位置し、最近はこの辺りまで再開発が進んできており、
今後の開発エリアの目玉となるのでは?NOLITAに対してSOLITAと。
ホテルの1階にあるこのレストランは、日本では考えられない高い天井で開放感が
ありました。また、たくさんのスタッフが忙しく働く様を見れるオープンキッチン。
最近、ニューヨークはそのようなスタイルが新しいのでしょうか。
僕のホテルからの近いせいもあり、3回ほど朝、夕と訪れました。

朝のエントランスのたたずまい

Le-Coucou-Bar_Bar-Detail_Roman-and-Williams-2-upmnmt1.jpg

夜は、こんな風にBARとなります
mnmt170408-07.jpg

こちらはレストランスペース、朝の光で
wmag_lecoucou_6mnmt4.jpg

ディナータイムには、こんな感じになります
mnmt170408-06.jpg

オープンキッチン、おおぜいのスタッフがキビキビと
07tmag-lecoucou-slide-YHY7-facebookJumbomnmt2.jpg
(写真は、全て引用写真です)

Truman Capote

Written by 慶伊 道彦April 17,2017

Truman Capote  /  トルーマン・カポーティ

article-2109896-0407DCA90000044D-292_634x597mnmt.jpg

1940年代のNY。第二次世界大戦中のアメリカ、しかも30年代の大恐慌からの復活、
リッチでセレブなバブルカルチャー、マティニーもJAZZもその頃に今のスタイルと
してうまれ、ロックフェラーセンターもティファニーも40年前後に完成、
なにかとアメリカ文化の強さを僕ら戦後ベービーは感じて大人になりました。

そして、今日、お話しするのはトルーマン・カポーティの "ティファニーで朝食を"
たしか、40年代前半の作品。ちょうど大戦の真っ最中の時代。
トルーマン・カポーティは、自伝映画で知っている程度ですが。("冷血" は読みました)
地方出身でホモセクシュアルを公言する彼は、普通の都会人とは一種違う
特別なセンスを感じさせ、時代が新しく変化する空気を読み取ることができる青年でした。
ですからこの本には、当時のNYの息遣いを感じとれます。
小説ではNYのその時代の空気感を読むことができ、戦争中というくらい時代でも、
NYという都会だけの話かもしれないですが、華やかさを感じました。
アメリカンTRADが好きな人には是非!

Truman-Capote-Reads-From-Breakfast-At-Tiffanys-1024x602mnmt78.jpg

"ティファニーで朝食を"

==以前暮らしていた場所のことを、何かにつけふと思い出す、どんな家にすんでいたか、
近辺にどんなものがあったか、そんなことを。たとえばニューヨークに出てきて
最初に僕が住んだのは、イーストサイド七十二丁目あたりにあるおなじみの
ブラウンストーンの建物だった。==

==映画スターであることと、巨大なエゴをかかえて生きるのは同じことのように
世間では思われているけれど、実際にはエゴなんてひとかけらも持ち合わせていない
ことが、何より大事なことなのよ。リッチな有名人になりたくないってわけじゃないん
だよ。~~~~~~~~~~~~~~
いつの日か目覚めて、ティファニーで朝ごはんを食べるときにも、この自分のままで
いたいの。~~~~== (新潮社村上春樹訳P50より抜粋)

d964f5mnmt1.jpg

さて、勿論、あの大ヒット作!ヘップバーンの映画は何度見たことか!
映画は、原作とは方向性が随分と違う作品に出来上がっていますが、
楽しみが二つあるって考えればいいのでしょう。(モンローとヘップバーンと)
ヘップバーンのめちゃめちゃお洒落さんブリも当然当然とウナルことながら、
脇役の(語り役)、ジョージ・ペパードのIVYルックにため息!
ネイビーブレザー、ヘリンボンツィードジャケット、白のボタンダウン、そして
レジメンタルタイ、ステンカラーコート、、、

お見事な永遠IVYブルックススタイル
Breakfast-at-Tiffany-s-audrey-hepburn-2297023-1024-576mnmt.jpg

作家役ですから、当然ヘリンボンジャケット(インテリの証)
7fcbe952c8dc7b698de018b72cdf5d15mnmt51.jpg

スリムなニットタイ! 短いのは?当時の経済状態?(当然、コストはさがりますから)
ダブルが姿を消したり、ヴェストが背抜きになったりと、経済がスタイルにも影響します
557373e273e13820b77d0491cf04862cmnmt10.jpg

このシーン!たまんないです!言葉が出ません
1414683143931_Image_galleryImage_No_Merchandising_Editoriamnmt3.jpg

ステンカラーコート(僕らには、この言い回しのほうがいいです、バルマカンよりはネ)
tumblr_nhxjn1VNjy1qbilh4o9_500mnmt45.jpg

ラストシーンも原作とは、随分違いますが、やはり素敵なカップルはこうでなくては
largemnmt13.jpg
(写真は、全て引用写真です)

Moderato Cantabile

Written by 慶伊 道彦April 10,2017

雨のしのび逢い / Seven days & Seven night (アメリカタイトル)

amenosinobi-01.jpg

監督:ピーター・ブルック
原作:マクリッド・デュラス
俳優:ジャンヌ・モロー、ジャンポール・ベルモンド
ジャンヌ・モロー、32才の映画ですが、これでカンヌ映画最優秀女優賞をとる。
ちなみにジャンポール・ベルモンドはこの映画の時は、26才の青年でした。

  Seven-Days-Seven-Nights-1960mnmt.jpg

"きゃあぁぁ~~~!" 映画は、女の絶叫から始まる、実にアンニィで印象的な場面です。
このとき、ジャンヌ・モロー演じる人妻は、子供のピアノレッスンの付き添う。
曲は、アントニオ・ディアベリの "ソラチネ" の反復練習。
"モデラート カンタービレ" このピアノ曲が映画では効果的に使われる。
"普通の速度で、歌うように" という意味合いですが、映画のタイトルにもなります。
しかし、どうでもいいことなのでしょうが、どうして日本では毎度毎度タイトルに??
なぜ "雨のしのび逢い" なのでしょうか? どうにもよくわかりません。
映画では、雨降らなくても逢引していますしね。ヤレヤレ

yjimage2Q5XOGH0mnmt.jpg

物語は、ボルドー北にある海岸沿いの田舎町。夫の束縛が強く満たされぬ思いの
ブルジョア人妻と、労働者で失業中の男との7日間の恋!
"殺されるほど、愛されたい" 束の間の火遊び。
ストーリーは、人妻よろめきドラマですが、そこは原作もしっかりして、
監督もあの!ピーターブルック!モノクロのシンプルで淡々とした展開。
純粋で生きることに真剣な二人の接点。女の絶叫!が、効果的なドラマ。
ビデオで、楽しませていただきました。
一度ならず二度三度と見たくなる映画です。恋愛を体験した方へのお勧め。

Seven-Days-Seven-Nights-images-7a9dffdf-ab3b-4a56-93e6-c5efba7b440mnmt.jpg

1abb8b51bd986b033ca147142bf81024mnmt.jpg

amenosinobi-02.jpg

ジャンヌ・モローがまたいいのです、惚れ直しました。揺れ動く人妻の心を動作でも。
ワインの飲み方、BARでの会話の変化、気持ちの動揺を表現します。
また脇を支えるベルモンドも、この時はまだ26才の青年、前年 "勝手にしやがれ" で
スターの仲間入り、そしてこの映画でジャンヌ・モローに鍛えられて一皮むけた
のでしょう、その後、大スターの道を登ります。
写真は、60年、カンヌ映画祭に出席した際のものでしょうか。
二人とも実にチャーミングですよね。

mnmt170323-1002.jpg
(写真は全て引用写真です)
因みに、この年は映画の豊作年でした。
カンヌパルムドール賞は、"甘い生活" フェデリコ・フェリーニ監督

Prestige Records

Written by 慶伊 道彦April 03,2017

Prestige Records  /  プレスティッジ レコード

先日、僕のJAZZ音痴ぶりをお話ししましたが、アメリカの黄金期50年代を
いたずらしていた所、プレスティッジレコードなるレーベルに行きつきました。
50年代アメリカは、僕らにワクワク感を与えてくれます。映画、音楽、スタイル、、、
ジェームス・ディーン、オードリ・ヘップバーン、マリリン・モンロー、フランク・シナトラ
ヒッチコック、、、、ビンテージカー、ビンテージファッション、ミッドセンチュリー、、、

さて、プレスティッジレコードは、1949年、Bob Weinstockにより設立されました。
当初は、"ジャズレコードセンター"というレコード店をオープンさせていたのですが、
その後 New Jazz というレコード会社名でスタート、翌年プレスティッジレコードに変更。
全盛期は、55年~60年代前半。
レコードジャケットに書かれる住所がいいですね、446 W 50th ST.NY.

8375fb6bc7cfbe4681ad70006bcb1e7cmnmt11.jpg

プレスティッジレコードを代表するミュージシャンは、マイルズディヴィス、ソニーロリンズ
ジョンコルトレーン、モダンジャズカルテット、etc 若くて上り調子にある彼らが
競い合って傑作を残していく。彼らは、ハード・バップと呼ばれる当時最新のスタイル。
その後、フリージャズとして広がりをみせていく。
また、レコードジャケットのデザインも秀逸!実にしゃれていて50年代を感じさせます。

20110113010216c2cmnmt9.jpg

image54mnmt0.jpg

UCCO-5502_XVR_extralargemnmt7q.jpg


418FdvGczGLmnmt4.jpg

T00003587mnmt7.jpg

マイルズディヴィスは、1955年に自らのクインテッドを結成。5枚のアルバムを
残すが、そのうちの4枚はプレスティッジレコードから発売。これには理由があり
マイルズは、コロンビアレコード社と契約を結ぶが、プレスティッジレコードに数枚の
レコーディング契約が残っていたので、まずはそれをこなす必要に迫られていた。
そこで、"マラソン・セッション"という伝説が生まれる。もっているレパートリーを
メンバーが6時間以上も時間をかけて、まるでクラブでセッションをやっているがごとく
立て続けに演奏!そしてそれを2回こなし、そのままレコードに落としこむ。
このレコーディングは、マイルズディヴィス・クインテットの最高の演奏記録となる。
そして、4枚の名盤レコードが生まれた。
メンバーは、マイルズディヴィス、ジョンコルトレーン、レッドガーランド、
ポールチェンバース、フィリージョージョーンズ。
1957年
mnmt170314-01.jpg
1958年
mnmt130314-02.jpg
1959年
WORKINmnmt1.jpg
1961年
STEAMINmnmt2.jpg
(以上、全て引用写真です)
50年代、60年代のアメリカ文化は、理屈抜きに僕らを楽しませてくれます。
今月は、このレーベルCDだけを聴いています。



SUN 68

Written by 慶伊 道彦March 27,2017

FAIRFAXは今春新ブランドの展開をはじめました。

SUN68 
2005年 イタリア ベニスで設立
SUN-68-LOGOmnmt.jpg
△✖のワンポイントをモチーフとしたポロシャツメインのブランドとしてスタート以降、
支持を拡大し、2016年秋現在、生活雑貨も含めたトータルなデイリーウェアブランドとして
イタリア国内に14店舗の直営店を運営しております。

Sun68-flagship-store-showroom-C-P-Architetti-Milanmnmt.jpg

2SUN68-503a-Casonatomnmt.jpg

Sun68-showroom-by-CP-Architetti-Padovamnmt.jpg
(以上、引用写真です)

 「SUN」は、希望と成長を
「68」は、イタリアで1968年に起こった文化革命のリマインダーを示しており、
「SUN68」と連なることで、
「イタリアにおける1968年の様な希望と成長をファッションにおいていつも持ち続ける」
という思いを表しています。

 △(デルタ)は、自分の未来への希望の値を、
✖(イクス)は、自分自身で変えていく未来を示しており、「△✖」と連なることで、
「自分が志す未来への自分の決意、行動」を表しています。

 「SUN68」というネーミングと「△✖」のモチーフを組み合わせることで、
私達は志を持って日々を暮らす人々へ、オーセンティックでファインなウェアに
未来への希望を込めたデザインワークをほどこし、今日よりも明日へ、
そして未来へ向けて今よりも半歩だけ進んだデイリーウェアを作り上げていきます。

ここでいうオーセンティックなウェアというのは、
「イタリアから見たアメリカ=イタリアのデザインワークによるアメリカンカジュアル」
68年当時=ミッドセンチュリーの頃の希望に満ちたアメリカの日々の暮らしの中の
スタイルに私達の今の時代のクリエイティビティをプラスして、
現代の日々の暮らしの中で希望を持ち楽しく快適に過ごす為の「衣」を提案していきます。

mnmt170131-01.jpg

mnmt170131-02.jpg

 SUN68    △✖

'17春より都内店頭で取り扱っていただきますので、機会がありましたら、
是非チェックして下さいませ。

 

Robert Bresson

Written by 慶伊 道彦March 21,2017

Robert Bresson  /  ロバートブレッソン

50年代~60年代のフランスを代表する映像作家、
ジャン・コクトウらと文化活動集団を一時期作る。
写真で分かるように、かなりの男前である。端正な顔とどうようにか?
演技指導においても、芝居がかった演技を嫌い、素人を優先して採用。
作風には、小津安二郎や遠藤周作の影響を感じると、どこかに書かれていました。
無駄をそぎ落として、朴訥なセリフ回しなどからその辺りのことが覗えます。

Bresson setmnmt17030106.jpg

126925100994616421959_bresson-robert-03-gmnmt1.jpg

先週、ロバートブレッソン監督の "スリ" を、見ました。
限りなく少ないセリフ(あってもわざと素人臭い棒読み)、少ない登場人物。実際、
ほとんどが素人俳優だったとか。しかし、映像は鮮明!白黒の良さを引き出しています。
物語は、ドストエフスキーが原作、当時のフランス人が好む反体制な香りがプンプンと。
スリの場面になるとその技の動きを追いかけ、スリリングとなる。
実際、頭領役を演じる俳優は本物の魔術師で、スリの演技指導を徹底したようである。

FullSizeRendermnmt170227-03.jpg

85a3aae6mnmt170301-02.jpg

この映画で、デビューしたMarika Green/マリカ・グリーン
ビックリするくらいみずみずしい登場ぶり!いや~芦川いづみのようです。
その後の映画は、イマイチのようですが、姪っ子が,あのエバ・グリーン。
美人の系譜をついでいます!

FullSizeRendermnmt170227-01.jpg

FullSizeRendermnmt170227-02.jpg

ロバートブレッソンといえば、彼女も忘れてはいけません。
アンヌ・ヴィアゼムスキー
ロバートブレッソンとの映画 "バルタザールどこへ行く" で、16才で俳優デビュー。
その後、十代でゴダールと結婚、"中国女" "東風" を、一緒にとる。

auhabalmnmt170301-01.jpg

また、ドミニク・サンダの映画デビューも彼の作品でした。
21才の時、"やさしい女" 
71FwxTrIW2L__SL1372_mnmt170301-04.jpg

ドミニク・サンダは、その後、ベルナルド・ベルトリッチ監督の作品
"暗殺の森" "1900年" と、大作に起用される。本当に魅力的な女優さんですよね。
特に、当時の(60~70年代)監督は、清楚な美人女優を掘り起こすのが
巧みでした。ですからそれは、この頃のフランス映画が僕にとっては欠かせない理由の
一つです。


BILL EVANS / SOME OTHER TIME

Written by 慶伊 道彦March 13,2017

ビル・エヴァンス "サム・アザー・タイム"

yjimage7RH042SGmnmt.jpg

モダンジャズを代表するピアニスト、エヴァンスが68年、ドイツで録音した音源が
発掘された。契約の関係でお蔵入り、存在すら知られていなかったものだ。
E・ゴメス(ベース)、J・ディジョネット(ドラム)との3人トリオ。
脂ののりきった絶好調時期のエヴァンス・トリオ!新たな名盤。

実は、JAZZ音痴の僕は、単にCDカバー写真が凄く気に入って、瞬間クリック!
こんな音楽への入り方もあるんですから、僕のようなアマチュアの皆さん!
実際、それまでは、"ビル・エバンス" と、"ギル・エバンス" を、同人物と考え、
マイルズと取り組んだ名盤 "Miles Ahead" と、"Some Other Time" が、ごっちゃごちゃに!
NYで映画 "Miles Ahead" を見た後、このCDを購入したが、どうもピアニストが違う?

mnmt170223-102mnmt.jpg

頭が混乱状態、まったくそんな知識でJAZZに臨んでいるのですから通には申し訳なし。
でも、お陰で、BILLの、"PORTRAIT IN JAZZ"  "Waltz for Debby" と、名盤を聴くことが
できるようにまで成長?!

yjimage0WJOJQE5mnmt.jpg

yjimageEAYOLLLBmnmt.jpg

ギルさんの方は、マイルズディビスの作品には欠かせない存在!
一緒に制作したフル編成オーケストラのアルバムは有名です。

PORGY-AND-BESSmnmt1.jpg

また最近では、
同様に素敵なジャケット写真から買い!  "EVERYTHING'S BEATIFUL" をクリック!
ROBERT GLASPER & MILES DAVIS
なんとなく、バスキアをほうふつさせるカバー写真です。
このような音楽音痴の僕のCD漁り方法! どないでっしゃろ~~

6a1ae385mnmt1012.jpg
(写真は、全て引用写真です)

先日、デヴィットボーイ "IS HERE" 展 に、はるばる寺田倉庫まで足を運ぶ。
さすが、世界を巡回している展示会だけあって資料が満載でした。
ステージ衣装は勿論、ボーイの直筆の制作ノートや譜面、貴重な写真、、、、
それなりに楽しめた会場でした。しかし興味深さの点では、昨年のルイヴィトン展の
方が僕には面白かったですし、なにより会場内の回覧の順路がうまくないのでした。
レイアウトがいまいち複雑なので、イヤホーンからの音楽がバラバラに聞こえてくるし。
どこをどうやって順々に歩けばいいのやら~~はてさて?
(NYのビョーク展の時は、歩く順順にきれいに音楽が流れてきていました)
スペースが少ないといったわけでもないから、これはもったいない気分。
まあ~~でも、ボーイファンには、しったこっちゃないしったこっちゃないんでしょう。
僕も、ボーイファンの端くれですから、(LPレコードやCDはほとんど所有?)
文句たれたれながら、30~40年前を懐かしみ会場内を歩き楽しむことはできました。

IMG_7703-1024x635mnmt170301.jpg

works4mnmt170301-01.jpg
(引用写真です)
ボーイの直筆がみれるノート!(INSIDE BOOK より)
mんmt170303-01FullSizeRender.jpg
思っていたような端正できちんとした字!

DAVID HOCKNEY

Written by 慶伊 道彦March 06,2017

David Hockney  60's、70's、80's、

彼はイギリス人なのですが、僕にはどうもアメリカ西海岸人の印象が強いです。
有名なのは、カルフォルニアを拠点にした、"プールのある邸宅"や
何枚ものスナップ写真を貼り合わせて制作する"フォトコラージュ"
60年代のポップアート運動でも知られます。

このインパクトあるグラスは、今、受け受け!
8_001000003640mnmt.jpg

このようなズトーンとしたワイドパンツもこれからの主流となるか?
32a149cbe6be3127e9653cd5d3de66b3mnmt.jpg
(以上、引用写真です)

彼のカラフルな感覚は、常に5年周期でファッション界に影響を与え続けています。
今年も、いくつかの雑誌で拝見、そろそろ再ブームの兆しかと。

なんと、トレンドメンズ雑誌 "L'UOMO VOGUE" が数ページ割いていましたので
勝手に報告させていただきます。
大体において、この雑誌は、モード色が強く、僕には刺さらないのですが、、、
今回のこの特集には、アッと思わせられました。まさか、雑誌"ポパイ"なのではと?

表紙からして、なんとなくホックニーを思わせる写真
mnmt170223-04.jpg

以下、ポパイ風な味付けのスタイリングをお楽しみください
mnmt170223-03.jpg

mnmt170223-02.jpg

mnmt170223-01.jpg

mnmt170223-05.jpg

ホックニーは他の雑誌でも、ちょくちょく登場!
この色彩感覚がこの春のモードをひっぱるか?
でも、彼!かっこいいですよね  (雑誌THE LAKE )
mnmt170223-06.jpg


MOVING SPRING 2017 STYLE

Written by 慶伊 道彦February 27,2017

そろそろ春の足音が聞こえてくる日が多くなってきました。春物が恋しいですね。
TRADメンズですから特別に流行とかはないですし、語る必要もないのですが
業界の恒例に従って、僕の知る春物の噂はなしをお伝えします。

今回は、インスタ考察から!

メンズの方々の写真で非常に目立ったのは、以下の写真のようにパンツのウエストを
魅せるポーズが多いことです。(普通は、胸元写真が中心ですが、、、)
理由は、2つ!
一つは、パンツのシルエットの変化に伴う、タック入り(1タック、2タック)を
誇示するためです。タック入りがポピュラーになれば、このポーズはなくなるかと。
昨秋からパンツのシルエットの変化が始まっています。ウエストラインを上げて、つまり
股上を深くして、ヒップからワタリまでを余裕を持たせる、といった感じです。
当然、上着も変化!丈も長くなり、肩幅にもゆとりを持たせます。
ですから、全体のゆったりとしたシルエットの出来上がり!

以上のことは、これからの流れということで知っておいて損はないです。
が、あまり過剰に取り入れると、初期スタイルのチンドン屋となりますので、要注意!
(流行の初めってだいたいが、その罠にはまるのです)
大体が、今までは標準よりはタイト過ぎ!なスタイリングでしたから、元に戻る
くらいに考えていいのでしょうか。
上着丈を1~2cmくらい出し、肩幅も左右1cmくらい広くとり、ゆとりも持つ。
そして、パンツも1~2cm股上を深くし、必然的にヒップラインもゆったり!
この際、注意が必要なのは、パンツの裾幅!これまで通りの細さで!18~20cm
まさに、以前からお話ししています"ミディアムフィット"そのものですから、
ケリーグラントとかジェームススチュアートの写真を参考にしたらいかがでしょう?

inst170209-03.jpg

inst170209-05.jpg
(以上、インスタグラムより #fcelentano)

理由の2つ目は、パンツが変わることでスーツスタイルにはベルトが不要となり、結果
サスペンダー(ブレーシス)の出番となりました。

なことで、このようなポーズが美味しいのでしょう!

mnmt170207-01.jpg
(インスタグラム、#violamilano)

次なる変化は、ネクタイです。
ここ10年くらい、ネクタイは無地などミニマムな感じが続いています。
(もちろん、まだまだ無地の出番は多いですが、、、)
脇役として登場したのが、ビンテージ風大柄なプリントタイ!
無地で育った方は、最初は合わせるのが難しいと感じるのではないでしょうか。
ただ、この手のタイは、70~80年代、定番でした。
ですから、勇気をもって取り入れたいですね。きっと、胸元の表情が華やかに!
(もっとも僕は、80年代もニットタイ一筋だったのでイマイチ自信がないですが、、)

inst170207-04.jpg

(インスタグラム、#boggimilanooffical)

ジャガードタイでも、この写真のように大柄が増えてきていますね。
そして、ブラウン系の台頭!茶色を使った色合わせがふえるでしょうね。

inst170209-01.jpg

(インスタグラム、#beams_f)

流行りだからと言って、必ずしも茶色のスーツやネクタイに進むこともありません。
写真は、紺に茶系のタイですが、この様に紺ベースに茶色を差し込んだタイなり
ポケットチーフを、グレーや紺のスーツに合わせたらいかがでしょうか。
俺は流行をわかってるゾ!って
ささやかに、そして知的に周囲に知らしめることができます。
i61212-03mnmt.jpg
(インスタグラム、#menstyle)

曰く、英国調の復活!
そこで、この様な動きにつながったらしいです。また、シャツの襟型も同様で
カッタウェイ一辺倒だったのが、ボタンダウンやレギュラーカラーへと拡大。
タブ、ラウンドカラーといった襟の変化も楽しめます。
では、紳士諸君!おしゃれをして、街に飛び出しましょう!

Toni Sailer

Written by 慶伊 道彦February 20,2017

トニーザイラー / スキー
56年、コルティナオリンピックで三冠達成のスーパースキーヤー
(回転、大回転、滑降) ちなみに、回転競技では、日本の猪谷千春が銀メダル。

mnmt170117-1007.jpg

持ち前のダイナミックなプレーと男前フェース(当時の)、そんな彼を映画界が
ほっておくわけはない。
その後、映画に歌に!大活躍する。特に日本では、アイドル並みの人気を得た。

59年、白銀は招くよ (日本では、主題歌も大ヒット!ダークダックスが歌う)
mnmt1701181003.jpg

60年、銀嶺の王者 (日本ロケ、鰐淵晴子共演)
たしか、鰐淵晴子がフィギュアスケートを滑って感動したのを覚えている?
mnmt170118101.jpg

61年、白銀は躍るよ (共演/イナバウアー)
美しいポーズのスケーティング名であるイナバウワーが魅せる
mnmt170118-1004.jpg

mnmt170117-1006.jpg

66年、アルプスの若大将(加山雄三主演、特別出演)
mnmt170117-1008.jpg

そしてそのスキー人気は、フランスのキリーやスエーデンのステンマルクなどに
受け継がれる。当時も人気俳優、イングリットバークマンやゲーリークーパーが
キリーと一緒の写真など見ると、当時のスキーブームの一端がうかがえます。

その後80年代に入り、スキーウェアは大変革をする。ガソリンスタンドマンスタイルの
つなぎ服スキーウェアからダウンジャケットにかわり、少しだけアウトドアな感じ。
(といっても、当時はモコモコに入ったダルマサン状態なダウンでしたが)
そして、87年のホイチョイプロダクションが仕掛けるスキー映画でブーム復活!
それが大ブームを呼ぶ! "私をスキーに連れてって" (原田知世主演)
原田知世の着る全身白づくめのウェアが大流行、スキー場は白白白!!!
また、舞台ともなった、志賀高原、万座スキー場のプリンスホテルが恋のアイコンと
なる。僕がよく利用した苗場プリンスも同様に大盛況!
(カップルのアノ声が薄い壁の隣り部屋から筒抜けで、夜は賑やかでした!?)
そして、バブルの崩壊とともに、スキーもプリンスホテルもブームを終える。

mnmt170117-1009.jpg

mnmt170118-1100.jpg
(全て引用写真です)

僕は、スキー歴50年、それも現役!ですから、スキーの変遷とともに変身?
夜の遊びも、昔は "囲炉裏" を囲んでの一升瓶、そして "田舎ストリップ小屋" 巡り、
次は"ディスコ"で、その次は"クラブ" 狂い。(なんとスキー場にもあったのです) 
そんなのが今は、全部消え去ってしまい、閑散とした温泉スキー街となりました。
僕の二次会も、田舎昭和風 "居酒屋" でマッタリと原点に帰ったかんじです。
(僕の年令というよりは、これが今の時代でしょうか?)
ただ、ニュージーランドやオーストラリアのスキーヤーが増えてきていますので
なんとなく以前よりは国際色を感じる昨今のスキー場ですかね。

今は懐かしい知世の白ウェアは誰が着ていても、とっても魅力的に見えたものです。
困ることに体形もカバーしちゃいますからね。前髪垂らして若作りもできますし。
スキー場で恋に落ち、都会で別れるパターンでしょうか。(すいません)
トニーザイラーを思い出すのも、久々ですが、スキー回顧談となりました。

Blogger

中野 香織

エッセイスト/服飾史家/
明治大学特任教授

吉田 秀夫

”盆栽自転車” 代表

長谷川 裕也

"BOOT BLACK JAPAN" 代表

山本 祐平

”テーラーCAID” 代表

慶伊 道彦

”FAIRFAX” 代表取締役

Recent entries

Monthly archive

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11