BLOG

慶伊 道彦

慶伊 道彦

”FAIRFAX” 代表取締役

1976年、青山にてネクタイブランド"FAIRFAX"を創業。
東京発"ボールドトラディショナル"を切り口にし、現在では、ドレスシャツも手がける。フェアファクスという社名は、当時ワシントンにあった、フェアファクスホテルからインスパイア、小さくても知性、品格、歴史の感じられるブランドを目指す。

Regimental Tie

Written by 慶伊 道彦November 20,2017

レジメンタルタイのお話

ご存じのように、レジメンタルタイとは、英国連隊の所属クラブタイ、および
アメリカでのIVYリーグ校のカレッジタイ、として一般に定着しています。
勿論、今日では、英国スタイル、IVYルックの決め手として活用されています。
背景上、ブレザースタイルに、登場することが、今までは多かったのですが、

今回、紹介するのは、スーツinレジメンタルタイ!
スーツに、レジメンタイタイをするのが、トレンドですよ~って、話です。
本来は、ややカジュアル感のあるドレスアップに必ず着用されてましたが、
少しだけ崩した表現をしたいと思ったイタリヤオヤジが、スーツスタイルに
レジメンタイタイを取り入れられてから、ブームになりつつあります。
僕などは、いつもニットタイかレジメンなので
今更なのですが、やはり親しみをおぼえるというか、好ましいスタイルですね。

下記の写真のように、イタリアンですと、手巻きの裏無しで、仕立てるのが特徴です。
手仕事っぽいのを好むイタリアンです。(VIOLA MILANO インスタより)

mnmt171028-09.jpg

パターンは、このように大きなピッチのクラッシクなストライプが特徴
カラーも、プレッピー風ではなく、あくまでイタリアン好みの渋さがポイント

mnmt170327-02.jpg

mnmt171028-05.jpg

mnmt171028-08.jpg

mnmt171028-11.jpg

mnmt171028-10.jpg

mnmt171028-06.jpg
(全て、引用写真です)

今後、パターンのバリエーション化やカラーの変化で、ますますレジメンタイタイが
ドレスアップに、欠かせなくなるでしょう!
因みに、レジメンタイタイは、レップ組織(ツヅレ織)でなくてはいけません。
今秋、フランネルスーツやツィードジャケットのドレスダウンに是非!お勧め

The Campbel Bar

Written by 慶伊 道彦November 13,2017

キャンベル・バー / セントラルステーション内

なんとまあ~ もの凄いBARがNYにあったものです。
NY知ったかぶりの僕もここは、知りませんでした。魔宮に入り込んだようです。
最近、映画"ゴシップガール"の撮影に浮気現場として使われたようですが、
映画は見ていたのですが、知りませんでした。
雑誌で知り、とにかく行ってみるべ~~と、軽くくくっていましたが、どっこい!?
セントラルステーション内のどこにあるのやら??? 結局、忙しい駅員さんに
3度も尋ねる始末、エレベータまで案内していただき(恐縮)確か、4階に上がる。
そこは、テニススクールがあり、またまたそこで、お世話になる始末、、、
結局、狭い入口階段を上ると、CAFEかBARかといった感じの広い空間。
おや?と思ったら、またまた更に上だと、案内される。
いや~~~たまげた空間のBARがありました。デコ文化!満載ってかんじの。
ビジネスマンで満員でしたが、運よく一つテーブルが空いていたので、ラッキー!
NY黄金期、鉄道のお偉いさんでもあった、John Williams Campbell さんの
何と!プライベート・オフィスだったとか。その空間をいじらずそのままに生かし
キャンベル・バーとして生まれ変わらせたBARです。
僕には、この様式が、どういうものなのかは説明できませんが、アメリカ黄金時代の
スケールの大きさに驚きました。

Campbell_Apartment_Entrance-old-800px-mnmt.jpg

the-campbell-historicmnmt.jpg

campbell-red-780mnmt.jpg

campbellapartment_540mnmt.jpg

campbell-apartment-07_w710_h473mnmt.jpg

a1a70d250img_9713-jpg-mobilemnmt.jpg

c_scale,fl_progressive,q_80,w_800mnmt.jpg
(写真は、全て引用写真です)
NY通を語るあなたに、是非!一度訪れてほしいBARです。
(日本のWEBでは、閉店となっていましたが、入口も違うし?写真は同じものも?)
とに角、行く前に確認したほうがいいでしょうか。212-297-1923

J.P.Melville

Written by 慶伊 道彦November 06,2017

Jean-Pierre Melville  /  ジャン=ピエール・メルヴィル

mnmt171030-02.jpg

フランス映画、フィルムノワール/暗黒映画の美
生誕100年ということで、東京国立近代美術館フィルムセンターで開催中!
同時に、記念して、角川シネマ新宿やアンスティチュ・フランセ東京で限定上映

展示は、古いポスターとスティール写真だけという簡素な展示ですが、むしろ
そのそぎ落とした展示空間でメルヴィルの世界をより感じることができました。
(幸いというか、僕一人でしたし、、、)

mnmt171030-01.jpg

mnmt171030-04.jpg

以下、展示内容イコールある意味、製作映画の紹介となります。

海の沈黙(49)、恐るべき子供たち(50)、#これは友人でもあるジャンコクトー原作#
この手紙を読むときには(53)、賭博師ボブ(56)、マンハッタンの二人の男(59)、
モラン神父(61)、いぬ(62)、#JPベルモンドを起用した二つの映画、"勝手にしやがれ"で、
メジャーになったベルモンドは、当初、神父役が自分の役ではないと思いオファを蹴ったが、
メルヴィルは、カンヌまで神父の衣装を持参しトライ!(なんと、ピッタリはまったとか?!)
次作品"いぬ"では、神父役とは逆に持ち前の危ない男を演じて、さらに評価を高める#
フェルショー家の長男(63)、ギャング(66)、サムライ(67)、影の軍隊(69)、
仁義(70)、#この3作には、メルヴィルの真骨頂を感じられる。ドロンの"サムライ"は、
僕の愛読書風映画ですし、"影の軍隊"のリノ・ヴェンチュラを取り巻く役者たちの素敵なことったら。
そして、最後に、リスボン特急(72)、

mnmt171030-05.jpg

mnmt171030-03.jpg

mnmt171023-10.jpg

ハリウッドギャング映画に影響を受けましたが、自由闊達な製作手法と独特な美学、作風でもって
刑事とギャングの秘密めいた儀式を演出する。
その斬新なフィルムノワール手法は、クエンティン・タランティーノはじめ多くの監督に、影響を与える。

僕からのメッセイジは、ここまでとして

 

Le Cercle Roage というブログがまた、凄い!実にメルヴィルを愛している方です。
ですから、僕が語るよりは、皆さんにメルヴィルのカッコよさをお伝えできるかと思い
一部を勝手にそっくりコピーしました。(ご了承ください)
以下======

彼の映画は主に暗黒街が舞台で、それも夜、雨、鏡、トレンチコート、ソフト帽、酒、タバコ、ナイトクラブ
踊り子などが重要なモチーフとして登場しますが、その作品に一貫して流れるテーマを挙げるならば、
"男の友情と裏切り"ということになりましょうか。
中略
 彼の作品中で、ときに登場人物は友情を取るか裏切るかの選択を迫られます。
中略
また、メルヴィルの映画は、極めてセリフが少ないことでも知られています。
いわば、言葉で語らず映像で語る。
男たちも、男と女も、ちょっとしたアイコンタクトだけで意志を通じ合わせます。

一つだけ例を挙げるとすれば、仁義
でアラン・ドロンと、ジャン・マリア・ヴォロンテが知り合う場面。
逃亡犯であるヴォロンテが、結果的に逃亡を助けることになったドロンに「俺が平気なのか?」と聞く。
その言葉にドロンは答えず、無言でタバコとライターをヴォロンテに投げて渡す。

 逃亡中でタバコに飢えていたヴォロンテは、美味そうにタバコを吸い、ライターをドロンに投げ返す・・・
たったそれだけのやり取りの中で、お互いを認め合う・・・いわば仁義の契りを交わすわけです。
メルヴィル美学とも言いたい名場面の一つで、ファンとすればこれだけでもう痺れてしまいます。
また、ドロンのライターの受け取り方が最高にカッコ良いんですよね!!!
======以上 (Le Cercle Rouge より)

 

このような痺れる内容がブログ内に満載!!!いや~~好きにも上がいるものですと、納得。
是非、ブログに訪れてみてください。

mnmt171023-07.jpg
(この写真のみ、引用しました)

Navy W Blazer

Written by 慶伊 道彦October 30,2017

ネイビーブレザーが帰ってきました!
今季は、英国風スタイルの波に乗り、ダブルの6ボタンブレザーとして登場。
勿論、ベントは、サイドベント、少し絞りを入れ英国の香りをプンプンさせて。
手持ちの古いブレザーでも、丈を2cmカットし袖丈を1cm縮めれば、
程よいオーバーサイズな感じで着こなせるでしょう。。
新しく購入するのでしたら、サイズ感が今までよりはゆったりさせ、
出来れば肩パッドの薄いものを選べば、より今風な気分に!

チャールズ皇太子は、8ボタンですが、さすがの着こなし!
mnmt170916-01.jpg

mnmt170916-02.jpg

img_8b7bc573316efdbdaf1f179620faf2cd254492.jpg

mnmt171009-102.jpg

この様なブレザーだけにとどまらず、今季は、ヘリンボーンやコーデュロイの
ジャケット、タータンやタッターソールの復活と、英国を基本としたスタイルが、
復活、今後、さらに色々なアイテム、ディテールで英国風が出てくることと思います。

mnmt171006-09.jpg

mnmt171004-05.jpg

mnmt101020001.jpg

mnmt171009-101.jpg

mnmt171009-103.jpg
(以上、引用写真です)

ブレザーの着こなしは、単にヘリンボーンツィードのジャケットの替わり!という
感覚で、羽織るといいのではないでしょうか。
ですから、正統派を気取り、レジメンタイルタイやクレスのタイもいいですし、
逆に、タートルネックセーターもありですし、シャツにスカーフもありです。
ブレザースタイルを楽しみましょう!

Harry Dean Stanton

Written by 慶伊 道彦October 23,2017

ハリー・ディーン・スタントン

今年は(というか、このところ毎年)僕の好きな役者がお亡くなりになります。
年令的に、80~90才になっているから、致し方ないところなのでしょうか。
mnmt171007-06.jpg

mnmt171007-03.jpg
ミュージシャンの友人も多い、カントリーを演ずる

ハリー・ディーン・スタントンは、実に渋い役者です。ほとんど脇役なのですが、
彼がでてくると、画面が締まるというか、ピリッとします。
本当に!いい顔しています。普通のアメリカ中西部に住む、普通の男!
ですから、アメリカの普通の男の映画を作る監督は、必ずといっていいほど、
スタントンを起用します。ちょいと出でも、彼は嫌がりません。むしろ、一瞬の
出に、勝負を賭けるといった顔になります。いいですね~~~いいですね~~~

運のいいことに、彼の最期の作品、それも主演です(珍しい)それを、NY出張時に
見ることができました。共演も、デヴィッド・リンチ(彼の一番の友人)
なんとまあ~ついていることなのでしょう!迷わず、NYの第一番目に持ってきました。

lucky1710-01.jpg

"LUCKY"
スタントン、91才、最後の作品!
監督は、ジョン・キャロル・リンチ(僕は、見る前の知識で、リンチの子供かと?)
確か娘さんだったと思うが、、程度の下調べで、でも、まったくの名前が同じだけ。

映画のストーリーは、90才のおじいさんの"自己探求"
脇役で、出演した、"Strate Story" のノリに近く、まさに、彼のための映画です。
よくある老人映画と違い、若々しさに満ち溢れています。
来年春、日本公開時には、是非見に行ってください。お勧めです。

mnmt171007-04.jpg 

mnmt171007-07.jpg

ヴィム・ベンダーズ監督 "パリ・テキサス" 80's
mnmt171007-02.jpg
(以上、引用写真です)

全く関係ないジャンルの方ですが、ちょうど、NY滞在中にお亡くなりに。
プレーボーイ王国の "ヒュー・ヘフナー"
たくさん沢山、美女を拝ませていただきました。ごっつっあんです!!!
mnmt171001-04.jpg

mnmt171001-05.jpg

Corduroy

Written by 慶伊 道彦October 16,2017

コーデュロイ

GQ誌のトピックス欄でも紹介されましたが、この秋のメンズの話題は,何と言っても
コーデュロイでしょう、僕らが子供のころは、"コール天"と呼んでいましたが、、、
今年は、中でも太畝の野暮さを、都会風に?着こなすのが、かっこいいようです。

mnmt171006-01.jpg
(GQ誌より~)

今季、見直しされている代表的な素材です。
少し太畝なコーデュロイが今感!英国人気と共に、田舎っぽいイメージを
出してくれる素材です。ジャケットでも、もちろんいいのですが、
ここはやはり!スーツで、それもスリーピーが今年っぽくてカッコいいかと。
80年代のウディアレン風であったり、ウェス・アンダーソン風で着こなししたい。

mnmt1710-0606.jpg

mnmt171008-02.jpg

cordurou1710-01.jpg

cordurou1710.jpg
(写真は、全て引用写真です)

mnmt171006-06.jpg
このように、コート風スタイルに使うという贅沢なものも。
コーデュロイは、せいぜい2~3年着ればボロくなるので、そのとおりでしょうか。
まずは、IVY仕立てのジャケットからでもいいんじゃないでしょうか。
この秋を楽しんでください。

Check Shirt / Dress Style

Written by 慶伊 道彦October 10,2017

チェックシャツ

ミニグラフチェック、タッターソールチェック、シンプルな格子柄、etc
ドレススタイル、つまりスーツ、もしくはドレッシーなジャケットスタイルに
チェックシャツが、スタンダードアイテムとなりました。つまり、市民権を得ました。
チェックといえば、とかくカジュアルなイメージがつきものですが、
薄手なハイゲージコットンとスモールチェックが相まって、カジュアル感を薄め、
そこに英国風スタイルの復活もチェックシャツを後押ししました。
白無地のエレガントシャツは、いまだ人気は続いているのですが、やはり、ちょいと
気分転換したいなあ~という際に威力を発揮します。
お堅いスーツスタイルに、ちょびっとだけカントリーな気分を取り入れるって感じ。
それと、意外にも女子受けがよさそうです。

mnmt1701001-06.jpg

mnmt171001-01.jpg

mnmt171006-02.jpg

mnmt171006-03.jpg

tktj-01.jpg

チェックシャツと同様に、英国風スタイルには欠かすことができないシャツ柄は、
ミニのロンドンストライプシャツです。ロンストは、スーツ、タイ、シャツと
合わせやすいので、忙しい朝にもさっとタイの柄も決められますし、便利な柄です。
チェックシャツとは逆の意味で、ジャケットスタイルとの組み合わせが、
本来ならスーツに合わせるロンストとジャケットの組み合わせで、
英国風なドレッシーカジュアルともいう、さじ加減のあるスタイルを演出できます。

mnmt171001-02.jpg

mnmt171006-12.png

mnmt171001-03.jpg
(一部、引用写真です)
手持ちのシャツを調べると、眠っている宝庫があるかもしれませんよ。
スーツにチェックシャツ!ジャケットにロンスト!見直しましょうか!

KEIICHIROU AKAGI

Written by 慶伊 道彦October 02,2017

赤木圭一郎

"よみがえる赤木圭一郎" 神保町シアターにて~

mnmt170921-10.jpg

日活黄金期の大スターの一人。
1959年初主演、以降 "拳銃無頼帖シリーズ"が大ヒット!
"トニー"の愛称で、スターの座を射止めるが、わずか21才の若さで急逝! 
ゴーカートによる不慮の事故でした。
かっこいい盛りに亡くなったことから、和製ジェームス・ディーンとも言われる。
ですから、かれの映画は、どれもがみずみずしい若さで溢れていて、
僕ら、団塊世代に思い出をいつまでも送り続けてくれます。

僕も、今年に入ってから、"霧笛が俺を呼んでいる" "電光石火の男" "抜き打ちの竜"
"紅の拳銃" と、立て続けに見ました。
今回、また神保町シネマで特集を組まれたので、大スクリーンで今一度見直ししたいです。
mnmt170921-02.jpg

mnmt170921-03.jpg

mnmt170921-04.jpg

mnmt170921-05.jpg
mnmt170921-06.jpg
上記のスティール写真!この様に、ガンポーズを決め、週末を楽しんでいます。
いい年こいて!?なんて気を使わないでくださいね。
日本の良さは、アメリカなどと違い日常生活にGUNはなく(通常)
ですから、このようなポーズやPLAYゲームで60年代を振り向くって感じ。
インスタの世界観でしょうか。アホやりまひょう!!
(写真は全て引用写真です)


Jeanne Moreau

Written by 慶伊 道彦September 25,2017

ジャンヌ・モロー

50年、22歳でデヴュー!
多くの魅力的な映画で僕らをクラクラさせてくれました。
同じころ、やはり好きな役者のサム・シェパードもお亡くなりになっていますが
心は、ジャンヌ・モローにとらわれていて、サムのビデオは、未だにみていません。

==日経新聞に寄稿した芝山幹朗(映画評論家)の記事より==
~~彼女の前に出ると、男たちはたちまち浮き足立つ。
こんな女に絡みつかれたら命取りじゃないか。だがそれでも本望だ。
ある種の男なら、きっとそう考える。
"突然炎のごとく"には、<美人でも聡明でも誠実でもないが、すべての男が
欲しがる真の女だ>という恐ろしい台詞も出てくる。
いや、モローは美人で聡明だった。役の上では不誠実な女をいそいそと
演じていても、実生活では、魔力と誠実を併せ持つ人だったにちがいない。
そうでなければ、男の運命を振り回す"ファム・ファタル"の役を演じ切ることは
不可能だ。逆に言えば、彼女は毒と繊細さを秘めた快楽の源泉だった。
情感の埋蔵量が大きいからこそ、60年代の名匠たちは、こぞって彼女と
協働したがったのではないか。

60~80年代には、僕のすきなタイプの女優は沢山いましたが、
やはり、モローはちょっと抜きんでています。僕も、芝山さんのいうところの、
モローの毒と繊細さを秘めた快楽の源に、やられちゃった一人なのでしょう。

54年、"現ナマに手を出すな" 監督/ジャック・ベッケル
共演/ジャン・ギャバン リノ・ヴァンチェラ
mediamnmt2.jpg

Touchez-pas-au-grisbi-Photo4mnmt1.jpg

57年、"死刑台のエレベーター" 監督/ル・マル
共演/モーリス・ロネ
131682_01mnmt3.jpg

d0104438_0254353mnmt5.jpg

60年、"雨のしのび逢い" 監督/ピーター・ブルック
共演/ジャン=ポール・ベルモンド
img_0mnmt6.jpg

1abb8b51bd986b033ca147142bf81024mnmt1.jpg

62年、"突然炎のごとく" 監督/フランソワ・トリュフォー
共演/オスカー・ウエルナー
mnmt170903-002.jpg

20130228224026mnmt7.jpg

62年、"エヴァの匂い" 監督/ジョゼフ・ロージー
共演/スタンリー・ベイカー
mnmt170903-001.jpg

0aflo_GJVA004036mnmt9.jpg

63年、"天使の入り江" 監督/ジャック・ドゥミ
共演/クロード・マン
91ZL5GDEZfL__SX342_mnmt0.jpg

img_d0bbade80a16d109f409e6cbeb732157391459mnmt9.jpg

64年、"小間使いの日記" 監督/ルイス・ブニュエル
共演/ミッシェル・ピコリ
9782070375363mnmt12.jpg

18864732mnmt13.jpg

そして最後の映画、"クロワッサンで朝食を" 監督/イルマル・ラーグ
共演/ライネ・マギ
このとき、モローは86才、シャネルをもっともエレガントに身に着ける
mnmt170903-004.jpg

73485mnmt18.jpg
(全て、引用写真です)
この他にも、素敵な監督との素敵な映画をたくさん撮っています。
オーソン・ウェルズとは"審判"、ミケランジェロ・アントニオーニとは"夜"
トニー・リチャードソンとは"マドモアゼル"、、、、、、、、、

マイルズ・デイヴィスやピエール・カルダンなどの心を奪い、風のように
時代を吹き抜けていった。 いや~参りました

Sprezzatura

Written by 慶伊 道彦September 19,2017

スプレッツァトゥーラ

この言葉の語源としては、イタリアはバルダッサーレ・カスティリオーネの
"宮廷人" という作品に登場するイタリア語。

意味としては、ウキペディアからの抜粋ですが:
"技巧を隠して自分がしていることを、あたかも労せずに無意識に出来たかのように
見せる、ある種の無造作"

最近、イタリアよりもアメリカでスタイルを語る際によく使われる用語です。
==計算ずくなスタイルと思わせずに、エレガントなコーディネイトを
見せる技みたいなことで、代表例の男性としてイタリア、フェラーリの御曹司
"ラポ・エルカン" が挙げられています==
mnmt170825-03.jpg

昨年まで大ブレークしていた "PITTI会場" 野郎の気取ったスタイルが、今年は
すっかり影をひそめたとの情報、こんな流れも影響しているのでしょうか。

もっとも、小生には、全てが一過性の出来事のように感じられていますが。
要は、"キメキメ" でなくて、どこか一か所だけに "抜け" をつくること、
ネクタイをがんばったのならば、ポケットチーフはソコソコスーツを邪魔しないものに
同様なことが、シャツとタイとの組み合わせにもいえますし。
よく言われている、"スタイルは、引き算" 肝にめいじましょう!

僕が選んだ代表的なスタイルを、インスタで学ばせていただいている方の写真より~
Rob Flanker  @robflanker

今秋、絶対に欲しいメタルボタンのブレザーの着崩し方のお手本
mnmt170825-09.jpg

古い写真ですが、新鮮!秋にはこう着たいゾ
mnmt170825-10.jpg

ブラウンとバーガンディ、それとカーディガンを加える
mnmt170825-07.jpg

同様に、ブルゾンでタイドアップとオッドベストもプラス
mnmt170825-05.jpg

シャツ袖をさりげなく、巻くことで、リラックス感
mnmt170825-04.jpg

同様に、襟をたてることで、無造作感を
mnmt170825-08.jpg

ライトグリーンのセーターの使い方
mnmt170825-06.jpg

正統派ですが、ポケットチーフに工夫を
mnmt170825-11.jpg

派手目なチェックのスーツですが、ブラックタイで落とし込む
mnmt170825-12.jpg

という感じですが、いかがでしょうか?この秋もスタイルを楽しみませんか。

Blogger

中野 香織

エッセイスト/服飾史家/
明治大学特任教授

伊知地 伸夫

”FAIRFAX” TRAD部門ディレクター

吉田 秀夫

”盆栽自転車” 代表

長谷川 裕也

"BOOT BLACK JAPAN" 代表

山本 祐平

”テーラーCAID” 代表

慶伊 道彦

”FAIRFAX” 代表取締役

Recent entries

Monthly archive

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11